2009年06月02日

【マルドゥック・スクランブル】溜まりに溜まってたけどかけなかった感想1

マルドゥック・スクランブルを先週読了しました。
(三冊とも)

一言で感想がかけない。
そんな話でした。

有る意味ではこれがなかなか出版できなかった意味もわかるような気がするのです。
読む人を選ぶ、そんな本じゃないかと。

個人的には冲方丁氏の他の作品も読みたいです。
とても気に入りました。

ですが、途中でちょっとだれる可能性もあるなぁとは思いました。
重要なシーンですがちょっと長い。(カジノ)

でも、アレを端折るわけにはいかなかった、そんな気がします。

次は何を読めばいいんだろなぁ。。。
誰か沖方作品でおススメを紹介してほしい。

















【【小説】作家別:冲方丁の最新記事】
posted by 岩司 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【小説】作家別:冲方丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。